賃貸物件でも良い時代に

男性

仕事も順調で家庭生活も順調と言う人が住む場所は、持ち家やマンションと言われた時代もありました。結婚をして子供が出来た頃には、賃貸物件から持ち家に変えると言う人が多かったからです。ですが最近その傾向が崩れ気味とも言われるまでになって来ています。その理由は高齢化人生になったことで、あまり早くに持ち家にした時、年齢を重ねることで住宅が古くなってしまい、再度購入しなければならない状況も考えられると言うことが言われます。人生100年と言われる時代になったことから、持ち家やマンション取得に二の足を踏む人も増えているのでしょう。少し前の考えでは、家賃を払い続けることを考えると、住宅やマンションを購入した方が良いと言うことでした。しかし最近の考え方には、買った費用と賃貸でいる費用に大きな差がないと言う意見が多くなったことも、賃貸物件に住む人が多くなったと考えられます。更に大都市圏においては賃貸マンションに住むことが便利と言う考えが浸透して来ています。交通に便利な日本橋などの住むことなども可能になり、また気が向けば引越しも簡単に出来る便利さが人気となっているようです。仕事をばりばりこなす時代は日本橋のような都心に住み、仕事が落ち着いた年代になった時には田舎に住むと言う方法も可能になるからです。これも人生が長くなったことで考えることが出来る人生設計の一つと言って良いと思われます。

住めば都そのもの

模型

日本橋とは東京に住んだことのない人でも、一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。徳川家康が行った全国道路整備計画から出来た橋で、1604年には当時の五街道の起点とされ、江戸の街でも賑わいを見せた所として有名です。つまり日本橋周辺は、商店や呉服屋、旅籠など多様に渡る職業が集まる所で、現在の東京の繁栄を成し遂げる場となっていたのです。そのため今でも日本橋周辺には、三越や高島屋と言った有名百貨店があり、住居地域と言うより商業地区のイメージは強いことも事実です。また東京証券取引所なども近くにあることから、金融の街の近くと言うことにもなって来ます。そんな日本橋周辺にある賃貸マンションの多くは、人形町や浜町周辺と言うことになり、これらの場所では今でも下町情緒が多く残る素敵な街にもなっています。日本橋周辺にある賃貸マンションの良さは、少し歩くだけで東京の中心に出られることです。学校なども綺麗に整備され、勉強にも良い環境が作られています。住むイメージが少ない所ですが、住めば都そのものの場所と言って良いのでしょう。

広告募集中